ソフトウェア開発

JaSST'11 Tokyoに登壇

少し前になりますが、先日JaSST'11 TokyoにTDD研究会として登壇させていただきました。 拡張型TDD@JaSST'11 Tokyo View more presentations from H Iseri JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'11 Tokyo このセッションでは、本当に様々な方々に大変お…

ユニットテストの網羅性の扱いについて

テストの網羅性については様々なものがある。基本的な網羅性の観点としては、構造ベース、仕様ベース、外部の標準や指標ベースなどが挙げられる。 そして観点ごとに、様々な網羅性の指標がある。ユニットテストの場合だと、例えば以下がある。 コードの構造…

とちぎテストの会議に登壇

先日、とちぎテストの会議でのパネルディスカッションに登壇させていただきました。http://infog.0ch.biz/download/toteka_iseri.pdf日頃からお世話になっている方々がパネラーや参加者として参加していたため参加にも恐縮するイベントだったのですが、発表…

第12回xUnit Test Patterns読書会参加

先日xUnit Test Patterns読書会の12回にて、「Test Selection」と「Test Double」の節を担当・発表させていただきました。 開催者・参加者の方々にはお礼申し上げます。http://infog.0ch.biz/download/xutp_testdouble_testdouble.pdf なお今回扱ったxUnit T…

テスト駆動開発のハンズオン入門講座を開催

少し前になるけれど、4月のはじめに、WACATE SNSつながりの勉強会にてTDD講座の講師をさせていただきました。運営者・参加者の方にはお礼申し上げます。http://infog.0ch.biz/download/tdd_1_goyoki_jissen.pdf なお基本的にEclipse+JUnit+Javaが自力で使え…

単体テストの設計方法について出題・講義

少し前になるけれど、先日WACATE SNSというテストコミュニティつながりのテスト設計のワークショップ勉強会で、テスト設計に関する課題を出題・解説をさせていただいた。開催者の方や参加者の方にはお礼申し上げます。 テーマにはリファクタリングのための単…

TDDとテスト容易性(試験性)の関係

最近ソフトウェアテスト方面の方々に対してTDDの講義を行う機会を頂いていて、テスト・QCの視点とTDDの視点の関わりについていくつかの点で考えるようになっている。その延長線上で、少し前に話題になっていた、TDDとテスト容易性(試験性)の関係についても考…

TDD談義への反応に対する雑感(テスト駆動開発を取り巻く誤解等)

先日、twitter上でTDDに関する談義があったのだけれど、気になったのがそれに対するテストや品質の方々の反応。特にTDDの戒めである「品質保証を目的としていない」という書き込みに対してネガティブな反応が多かったのが気になった。 開発経験もあり定義や…

CEGTest勉強会に参加

先日、TEF内でのCEGTest勉強会に参加。講師やサポータの方、会場提供者の方々にはお礼申し上げます。 勉強会はワークショップ方式で、出題された2つ仕様をCEGTestを使って原因結果グラフで整理するものだった。自分が作成した原因結果グラフは以下。 厚生労…

並列プログラミングカンファレンスにて発表

先日、並列プログラミングカンファレンス(並カン)にて、「FPGA/HDLを活用したソフトウェア並列処理の構築」と題した発表をさせていただいた。http://infog.0ch.biz/download/namikan_1_goyoki.pdf 内容として、今回は「組込みでないプログラマ向けのHDL紹…

状態遷移のテスト設計について出題&解説

今月初め、WACATEつながりの、課題に対して参加者が各々の方法でテスト設計するという趣旨のハンズオン勉強会に参加。 いい機会だったので、今回は以下の状態遷移のテストについて出題し、解説させていただいた。 ●出題課題 http://infog.0ch.biz/download/j…

第7回xUnit Test Patterns読書会参加

先日、xUnit Test Patterns読書会の第7回に参加させていただきました。 時間不足で発表は先送りとなっていますが、今回は「Project Smells」の一部の翻訳を担当させていただきました。Production BugsHigh Test Maintenance Cost 内容は前回に続きTest Smell…

アジャイルインスペクション・ワークショップに参加

少し前になりますが、レビューの合宿勉強会であるWACATE2009夏のフォローアップとして、アジャイルインスペクションのワークショップに参加させていただきました。講師の永田さんや、開催関係者にはお礼申し上げます。 簡単に説明すると、アジャイルインスペ…

コーディングスタイルで大事なこと

コーディング規約などを作る際、しばしば論争対象になるものにスペーシング、インデント、括弧の位置といったコーディングスタイルがあります。例えばC言語なら「K&Rスタイルがよい」「いやK&Rは改行が窮屈だから、Allmanスタイルが良い」といった議論が該当…

WACATE-Magazine Vol.8にてコラム寄稿

先日、WACATE-Magazineというソフトウェアテスト技術者向けのウェブマガジンにて、「開発者によるテストの世界」と題したコラムを書かせていただきました。WACATE-Magazine Vol.8 発行のお知らせ - WACATE (ソフトウェアテストワークショップ) 内容として…

TDDでのスクラッチコーディング

非オブジェクト指向言語でのTDDの問題 テスト駆動開発ではコードが部分最適を取り全体最適にしずらい、なんて指摘は、例えばここのように時々言及されています。そうした背景からテスト駆動開発では、スマートな実装を進めるために、ある程度アウトサイドイ…

第4回原因結果グラフ&デシジョンテーブル勉強会参加

少し前になりますが、先日TEFが中心となって開催された原因結果グラフ&デシジョンテーブル勉強会の最終回に参加させていただきました。 なお一連の勉強会(懇親会も含めて)では、テーマの原因結果グラフの知識だけでなく、ブラックボックステストや仕様設計…

「レガシーコード改善ガイド」発売

ついに明日、「Working Effectively With Legacy Code」の翻訳本である「レガシーコード改善ガイド」が発売されます。 献本していただいた翔泳社の方々並びに翻訳・出版関係者の方々には深くお礼申し上げます。 実はこの本、製本前の査読に協力させていただ…

第3回xUnit Test Patterns読書会参加

先日はxUnit Test Patterns読書会の第3回に参加させていただきました。xUnit Test Patterns: Refactoring Test Code (Addison-Wesley Signature Series (Fowler))作者: Gerard Meszaros出版社/メーカー: Addison-Wesley Professional発売日: 2007/05/21メデ…

モジュール指向プログラミングのすすめ

C言語は「スコープを管理する言語機能が貧弱」「オブジェクト指向言語として設計されていない」といった要因から、C++やJavaといったオブジェクト指向言語と比べ、大規模開発に向いていないとよく言われている。 相対的に見れば実際そうなのだけれども、そう…

リファクタリングのための回帰テストの書き方

リファクタリングで定番のテスト活用方法として、変更前と変更後で挙動が変わってないことをテストコードで検証する、というものがある。違う用例で使われることもあるが、ここではそのテストを回帰テストと定義する。 そうしたリファクタリングでの回帰テス…

DevLoveイベント「世界のすべてをテストせよ」に参加

「テストサイクルの選択肢を広げるということ - 千里霧中」でも触れましたが、先日DevLove主催の「世界のすべてをテストせよ。 〜Make the world Green by Test ! 〜」にて招待の形でライトニングトークをさせて頂きました。主催のid:papanda0806さんやトー…

テストサイクルの選択肢を広げるということ

先日DevLove主催の「世界のすべてをテストせよ。 〜Make the world Green by Test ! 〜」にて、「組込みでデベロッパーテストを導入するための考え方」と題してテストに関するライトニングトークをさせていただいた(参加報告については、後ほど行う予定)。…

組込みプログラマがはまる要因

ちょっと前にhttp://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50261226.htmlというエントリを見つけたのだけれど、非常に腑に落ちる内容で、勉強になった。 そこで今回は特に組込みプログラマがはまる要因というのを考えてみた。以下に列挙してみる。 必要な情報を…

第2回ローレイヤー勉強会参加

先日はローレイヤー勉強会の第2回に参加。 今回はid:kenjiaikoさんがアセンブラやリバースエンジニアリングについての講義を、id:firewoodさんがWindowsデバイスドライバについての講義を担当されていました。 コミュニティ自体は古き良きハッカー気質の方が…

第2回xUnit Test Patterns読書会参加

先日、xUnit Test Patterns読書会の第2回に参加。 今回は「Philosophy of Test Automation」の残りの節の発表を担当させていただきました。 xUnit Test Patterns: Refactoring Test Code (Addison-Wesley Signature Series (Fowler))作者: Gerard Meszaros出…

テストを自動化できない場合でのリファクタリング

とりあえず組み込みではホスト上でテストを自動化できない場面が結構多い。 もちろんそれは設計や実装の工夫である程度削減することはできる。しかし例えば 処理系が生成するコード周り ハードウェア制御周り カーネルといったローレイヤー周り のような所で…

Doxygen 1.5.9リリース

少し遅れましたが、先週Doxygenの1.5.9がリリースされました。http://www.stack.nl/~dimitri/doxygen/download.html#latestsrc 今回は主にFortran対応に関わるローカライズ部分を提供させていただいています。日頃からお世話になっているソフトウェアに直接…

WACATE Short Short Vol.1に参加

先日はWACATE Short Short Vol.1のLT大会に参加させていただきました。 今回のLTでは「デベロッパーテスティングのツールとしてQAテストの技法有効だよ。デベロッパーは道具としてQAテスト手法を学ぼう」という趣旨の発表をさせていただきました。 http://in…

C言語プログラマが読むべき3冊の本

ここ最近は、今年度から就業したといった事情でCを使って本格的な開発を始めた人が少なくないと思う。そこで今回は、C言語を使う人にとって役に立つと感じる書籍をいくつか紹介してみる。 なおいい本というのは本当に沢山あるのだけれど、今回は普遍的に価値…