2007/10/17

はんだ付けを延々とやっているが学生時代のときに比べてなんとなく細かな部分が見えづらくなったような気がする。25から老化を感じるなんて聞いたことがあるが、24にしてもう歳か?かなり細かいので顕微鏡とかが必要そうだ。

帰りがけのマックで「JPEG 概念からC++での実装まで」読破。扱っている仕様は簡単なものだけを抽出した限定的なものだが、原理解析から設計、実装、テスト、機能拡張と、実際にプログラムをJPEG仕様からくみ上げていく順序で解説されていて、興味深く読めた。JPEGデコーダ/エンコーダのソースと、その具体的な解説を目的に読み始めた本だけれど、思わぬ副産物だった。可逆圧縮方式とFPGAでの実装方法については、さらに勉強が必要になってくると思う。当面目標だと思っているJPEG2000への道のりは遠い。

あとJPEGの勉強の中で画像処理やアルゴリズムの面白さを再認識している。お金に結び付けられるかというと微妙なところがあるが、しばらく興味の赴くままに勉強してみたい。