読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストはすごい

 少し前から入会しているTEFの影響で、最近テストエンジニアの仕事や、システムテストの設計や実施の割合を増やすようにしているが、これがなかなか面白い体験になっている。
 特に面白いと感じているのが、テストの計画や、分析・設計が、開発とは違った方法で自由で創造的だったこと。
 例えば複雑なテスト対象を相手に組み合わせテストを設計すると、膨大な状態パス、膨大な入力の組み合わせ、底の見えない例外等々、無数の組み合わせに直面する事になる。そこでは何を重視すべきか分析しつつ、直交表やデシジョンテーブル等テスト技法を駆使してテストケースを抽出するという、高度な思考とテクニカルな技法の両方の力が要求される。
 また探索的テストを行う場合では、テストで情報を取得し、その情報で頭の中のテスト設計を再構築して、さらにテストで情報を得るという、主観的かつ理性的な考え方が要求される。
 また複雑で大規模なテスト対象に対しては優れたテスト計画やテストの上位設計が要求される。例えば良く分析してテスト計画やテストの上位設計を作ったり、テストの状況をモニタリングしてテストや開発へフィードバックを与えたりする必要がある。
 
 そうした体験をしていると、全体から詳細テストケースまでを包含するテストの設計プロセスや、直交法やドメイン分析といったテクニカルな技法、テストエンジニアの職人性や創造性といったものがとても重要であると実感させられる。