読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DevLoveイベント「世界のすべてをテストせよ」に参加

ソフトウェア開発 イベント devlove-mgt

 「テストサイクルの選択肢を広げるということ - 千里霧中」でも触れましたが、先日DevLove主催の「世界のすべてをテストせよ。 〜Make the world Green by Test ! 〜」にて招待の形でライトニングトークをさせて頂きました。主催のid:papanda0806さんやトーカーとして呼んでいただいたid:kyuuminさん、およびDevLoveの運営者の方々には改めてお礼申し上げます。

Slideshow Removed


 内容に関してですが、「世界のすべてを」と掲げている通り、今回はテストエンジニアとデベロッパー双方の人間が入り乱れたイベントでした。
 ただそうした状況でも、各者バラバラな方向で話を進める形にならず、例えば講師のt-wadaさんがTDDのような品質保証でないテストの話をされた後に、講師の鈴木さんが「では品質保証としてのテストはどのようなものか」を話題にしたりと、全体の整合性がガッチリ取られていたのは見事でした。また他の方のLTやワールドカフェの話題に関しても、Wモデルであったり、テストの単位や軸の確認であったりと、これまでのテストとデベロッパーテストを俯瞰的に眺める内容がほどんどだったのが印象深かったです。結果、取扱いの難しさ・時間の短さの割に、方向性が明快だった点でかなり理解の進む勉強の機会となりました。


 なお今回のように開発者・テストエンジニア両方が交流しながら学べるという機会は、開発者としてやはり重要だと思います。
 というのも、本格的なテストプロセスを運用しているところではテスト部門の独立化が進みテストのプロフェッショナルと断絶が生まれている一方で、デベロッパーテストの重要性・有用性がどんどん増しているためです。
 例えば、ここ数年は反復型開発といったサイクルの短い開発プロセスが普及している影響で、実装工程中に達成度を検証するためのテストを実施したり、デバッグリファクタリングなど開発上の目的のためにテストを実施したりする方法論が増えてきました。ただそうしたテストは開発と密接に結びついているため、独立性の高いテスト部門に丸投げするとかえって効率を損なわせてしまいます。そこでは開発者がテストエンジニアを受け入れらる環境を構築したり、自らテストを代行する必要性が出てきます。
 今回のような、実践者と交流しながらQAテストでの技術蓄積に触れられる機会は、そうした課題の達成にとても有効だと感じます(少なくとも、書籍やセミナーといった一方通行の学び方だけでは限界があります)。その点、今回のこのイベントに登壇できて、かなり幸運だったと感じています。