読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

並列プログラミングカンファレンスにて発表

 先日、並列プログラミングカンファレンス(並カン)にて、「FPGA/HDLを活用したソフトウェア並列処理の構築」と題した発表をさせていただいた。

http://infog.0ch.biz/download/namikan_1_goyoki.pdf

 内容として、今回は「組込みでないプログラマ向けのHDL紹介」「並列処理のための組込みアーキテクチャ」の2点をテーマとして取り上げてみた。



 イベント自体は、並列処理プログラミングがまだメジャーでないせいか、特にモチベーションの高い方が集まっていた印象。発表内容はほとんどが硬派な技術論や実装手法だったし、懇親会でも実力のある方や知識の深い方が多かったように感じる。
 参加する前はテーマがテーマだけに現場から離れた学術理論や検討段階の内容が少なくないとイメージしていたので、良い方向に予想が裏切られた一日になった。


 なお私事になってしまうけど、今回は扱う内容が手元の仕事に接近したせいで、これまでの対外発表の中でもかなり準備に苦労した感じがする。
 というのも、実はH.W.設計やFPGA開発の業界はあまりオープンでなく、ノウハウやパターンが公知かどうかの判断が難しいという事情がある。一方で自分の業界では公知でない業務知識をプライベートで話すことがほぼ不可能なので、結果的にひどく神経質に校正や準備を進めることになってしまった(その影響として、内容も大分曖昧だったり、ぼやけた感じになってしまっていると思う)。
 この問題は折り合いの付けようがないので、今後も悩まされそうな予感がする。


 最後に主催者の方、参加者や発表者の方々、当日は大変お疲れ様でした。改めてお礼申し上げます。