読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacSpiceでのLPF回路のシミュレーション

Mac向けのSPICEとしてMacSpiceというものがあるが、これが結構良かったので使い方を簡単にまとめたい。
題材として今回はローパスフィルタ回路のシミュレーションをする。

題材

今回はローパスフィルタ回路として、単純なRC回路とRLC回路を対象に、周波数特性とステップ入力時の動きをシミュレーションする。

回路記述

まずはSPICE用に回路を記述する。
題材用に書いた回路記述は以下。これを「lpf.CIR」として保存する。

ローパスフィルタ評価用
*** circuit definition
** RC LPF
R0 in out 20
C0 out 0 500n
** RLC LPF
* R0 in X 20
* L0 X out 22uH
* C0 out 0 500n
** Vin
Vin in 0 DC 0.0 AC 1.0 0.0 PULSE( 0.0 1.0 1ms )

*** sim commands
.control
* AC analysis
ac dec 50 10Hz 100kHz
echo "$curplot:AC analysis"
* transient analysis
tran 20us 2ms 0ms 20us
echo "$curplot:transient analysis"
.endc
.END

手動になるが、シミュレート時は冒頭の方の「** RC LPF」と「** RLC LPF」のコメントアウトを修正してRC回路かLRC回路かを切り替える。

シミュレーション

以下のコマンドを実行すると、シミューレーションを実行し、結果をグラフとして表示する。

source lpf.CIR
【結果が出力される】
setplot 【AC analysisと表示されたグラフ名ac*を入力】
plot db(out)
setplot 【transient analysisと表示されたグラフ名tran*を入力】

結果

RC回路

f:id:goyoki:20150315173317p:plain

f:id:goyoki:20150315173330p:plain

RLC回路

f:id:goyoki:20150315173606p:plain

f:id:goyoki:20150315173617p:plain