読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacやLinuxでPICTを使う

組合せテストツールのPICTの解説で、表題についてよく聞かれるのでメモ。

PICTについては、専用のバイナリファイルで配布されていたこともあり、今までWindowsで使用されてきた。
ただ去年からGithubオープンソース化され、gccやclangで自由にビルドできるようになった。それに伴い、MacLinuxでもWindowsと同じぐらい手軽に利用できるようになっている。

あえて言うまでもないかもしれないが、導入方法は以下の通り。最近のgccやclangが使え、makeできる環境であれば、OSは問わない。

  1. https://github.com/Microsoft/pict」にて、Download ZIPからファイルダウンロード、解凍
  2. 解答したディレクトリで「make」実行。同ディレクトリにバイナリpictができる。

使用例

このディレクトリに、例えば以下のようなファイルsample.txtを作成する

OS:Win, Mac, Ubuntu
Compiler:GCC, clang
Lang:c, c++, asm

そこで以下のコマンドを実行する。

./pict sample.txt

すると以下のように2ワイズカバレッジ100%の組合せ一覧が出力される。

OS	Compiler	Lang
Win	GCC	asm
Ubuntu	clang	asm
Mac	GCC	c
Mac	clang	c++
Win	clang	c
Ubuntu	GCC	c++
Win	clang	c++
Ubuntu	clang	c
Mac	GCC	asm