自動テストを支えるテスト設計について講演

先日、JaSST'23 Tokaiというテストのイベントで「自動テストを活躍させるための基礎作りとテスト設計の工夫」と題して講演する機会を頂きました。

https://speakerdeck.com/goyoki/improvements-and-test-design-for-effective-test-automation

今回はシンポジウムの委員の一人の方から、テスト自動化に必要な基礎について話してほしい、特にテスト設計の必要性について話してほしいと要望いただいていたため、それをメインテーマに過去資料の内容をカスタマイズして話させていただきました。

なお自動テストを支えるテスト設計は、業界としてまだまだ改善の余地がある分野だと感じています。
ユニットテストをはじめとする開発者テストについては、どのようなテスト設計方針を示してテストを実現するか、すでに多数の実践や知見がたまっています。ただ一方で、システムテストや粒度の大きな結合テストについては、適切なテスト分析・設計をどう実現するかは迷っている現場が多いと感じています。そこでどうすべきかについて、今回の講演が何かしらの一助になれば幸いです。