6/11の雑記

勉強用の基板の組み込みLinuxデバイスドライバを作る。ラウンドロビン式のリッチなOSのためか処理が不安定に重く、信号レベルで時間精度を確保できない。色々工夫しているうちに、FPGAで作ったものより設計ははるかに複雑になり、しかも安定した早さも実現できなかった。リアルタイム処理ではFPGAの方が作りやすい。
なおまだ勉強レベルなので試行錯誤の余地があったが、携わっている画像処理エンジンだと選択の余地がなくなる。今かなりの高画素化ブームなので、今後さらに厳しいものになりそうだ。かと言って組み込みLinux等を使わないとリッチなネットワーク機能やデバイス対応機能の実現が難しくなる。様々な組み込み技術を身に着けて、うまく組み合わせるアーキテクトの能力が重要なのだと痛感している。