読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とちぎテストの会議02に参加

先日、とちぎテストの会議02に参加。"テストのレシピ"として、テストプロジェクトのプロジェクトマネジメントについて話させていただきました。

「日常、いつもの、ふつう盛りx2、小盛りx1」 - とちぎテストの会議



前回に引き続き2回目ですが、異種交流のような雰囲気は相変わらずで、本会・懇親会ともとても楽しめる有意義な1日となりました。
運営者、参加者の方々大変ありがとうございました。

補記

今回はテストエンジニアによるリスクマネジメントについてお話させていただきましたが、理想は当然プロジェクト全体のリスクマネジメントがテストのリスクマネジメントを包含している体制です。それによって、全体最適を考慮しつつ改善策を検討できるようになります。
そして大抵のプロジェクトでは、一般的にプロジェクトリスクのマネジメントを行っていると思います(名前は課題リストだったり調査項目だったりと変わっているかもしれませんが)。
ただやっぱりそのマネジメントの仕組みや体制はアドホックな場合が少なくありません。そういった場合は、問題の当事者になりがちな点から、テストエンジニアが率先してリスク分析やリスク対策検討を洗練させる意義が出てきます。うまくこなせば、自己防衛手段になりますし、自分たちが気持よく仕事できるようにする仕組みにもなると思います。