xyzzyのアウトラインプロセッサ化

 xyzzyアウトラインプロセッサにする手順は、親切な方が以下に丁寧にまとめてくれています。
http://echowhite.homelinux.net/days/2007/07/xyzzy.php
 が、無知な私はこれでもてこずったので、てこずったところをメモ。あくまで上記記事(以下、元記事)の補足です。


●NetInstaller導入
 siteinit.lを作成するまで同じ。
作成したら、ダンプファイルを削除してxyzzyを再起動。
 ダンプファイルとは、xyzzy.exeがあるフォルダのxyzzy.wxpのこと。
 ただこれはOSによって拡張子が違う。
・Win2000:xyzzy.w2k
WinXP:xyzzy.wxp
・Win98:xyzzy.w98
・WinNT:xyzzy.wnt
・WinME:xyzzy.wme


●NetInstaller起動
 元記事の通り。


●outline-tree2導入
 http://ohkubo.s53.xrea.com/xyzzy/で、packages.lがあるURL(http://ohkubo.s53.xrea.com/xyzzy/packages.l)
をNetInstallerに指定。
以下をインストール
・color
・win-window
・treeview
・buf2html
・outline-tree2


●TreeView.dll導入
 http://www003.upp.so-net.ne.jp/rex/から、ListView.dllをダウンロード。
 ファイルを解凍して、中のListView.dllをxyzzyがあるフォルダに入れる。


アウトラインプロセッサ表示
 xyzzy再起動。
あとはhttp://ohkubo.s53.xrea.com/xyzzy/outline-tree/demo/outline-tree2.htmlの通り。
 なお見た感じ、フリーの日本語対応アウトラインプロセッサでは、このxyzzyが一番使いやすいように思います。Emacsに抵抗がないとの前提つきですが。